庶民 マイルを貯める

マイルを貯めることを前提としたポイントサイトの活用法などを紹介していきます

本当の改悪ポイントはマイルの有効期限!JAL特典航空券PLUSは特典航空券取得に必要なマイルが大幅増加だけじゃない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

JAL特典航空券は2018年12月予約分より新しいルール『JAL特典航空券PLUS』に基くことになりました。

実際の改定が施行され、たくさんの方々からたくさんの記事が公開されていますが、私も自分なりに調べてみましたので、紹介します。

 

JAL特典航空券PLUSとは 

f:id:sunnypark63:20181210225931p:plain

こちらは過去に紹介済ですので細かくは説明しません。 

要点をまとめると以下のようになります。

  1. 追加マイルを支払うことで、既に特典航空券枠が埋まっているなどの理由でこれまでは予約できなかった日にちのフライトでも特典航空券を予約することができる。
  2. 予約した特典航空券の変更はできず、変更する場合は一旦予約をキャンセルし再度予約しなおす必要がある。
  3. 提携航空会社の特典航空券はこれまで通り。

上記1で示した『追加マイル』がどのくらいなのか?というところが、この制度が公表されてから施行されるまでの間、不明瞭であり、今回の改訂が改善なのか改悪なのかなんとも言いづらいという状況でした。

では、必要マイルはどのように変わったのでしょうか?

JAL特典航空券PLUS必要マイル(東京-ロンドン間の例)

以下に例を示します。

夏休みにヨーロッパへ行く計画を立てるため、東京-ロンドン間のフライトを抑えたいと仮定しました。

ちなみに下記必要マイルは片道で、必要マイルは基本26000マイル(JL042では22500マイル)となっています。

それが56500、63500・・・お盆ともなると82500、97500マイル・・・

夏休みシーズンということもあり、予約可能ではありますが、片道でこれだけのマイルが必要となると家族持ちではなかなか予約できる人はいないのではないでしょうか。

f:id:sunnypark63:20181210213050p:plain

ゴールデンウィークではどうでしょうか?

いきなり140500マイルという絶望的な数字が飛び込んできます・・・

f:id:sunnypark63:20181210214832p:plain

まとめ

ということで、必要マイルは大幅に上昇しました。

十分なマイルを保有していない方々にとっては厳しい改定になったと思います。

一方で、マイルがとにかくたくさんあるけど、仕事が休みづらく、ゴールデンウィークやお盆でないと旅行の予定を立てづらいという方々には良い方向にはたらくかもしれません。

そもそも今回例に挙げたお盆やゴールデンウィークは過去の制度では、このタイミングで予約しようとしても既に特典航空券枠は埋まっているはずですので、予約できるようになっただけでも改善とも言えるかも知れません。

でも、今回言いたかったのはここではありません。記事はもう少し続きますので、引き続きお付き合いください。

必要マイルの上昇も気になるけど、基本的に『変更不可』ってやっかいじゃね!?

個人的にこちらの方が気になりました。

ご存知の通りJALマイルの有効期限は取得から3年間。

有効期限内に使用しないと3年が経過したマイルから順次失効していってしまいます。

これまでの特典航空券は予約変更が可能であったため、マイルの有効期限が近付いた際には旅行の日程が確定していなくても行き先、経路が確定していれば、予約を入れて、変更の必要が生じた際に変更を入れることが可能でした。

しかし、新しいJAL特典航空券PLUSでは基本的に変更ができません。

変更が必要となった場合、3100円の手数料を支払うことでキャンセルが可能となりますす。

3100円の支払いは痛手ですが、必要なら仕方ありません。この手数料を支払い新たな予約を申し込みます。最初の特典航空券取得に使用したマイルはキャンセルした後、自分のマイレージバンクに払い戻されます。

問題となりそうなのは、マイルの有効期限ギリギリに特典航空券を予約し、変更の必要性が生じた場合

例えば、2018年12月に特典航空券として2019年10月のフライトを予約し、2019年6月に予定の変更が必要となった場合、キャンセルすることで使用したマイルは払い戻されます。

しかし使用したマイルの中に有効期限が2019年6月よりも前のマイルが含まれていた場合、その分のマイルは払い戻されず失効します。

これが非常に痛いです。

これらを防ぐためには、マイルの用途を特典航空券として考える場合には、最大でマイルの有効期限の1年前から注意しておく必要があることになります。

これは実質マイルを貯めるために使用できる期間が2年しかないと言い換えることもできると思います。(ネガティブに考えた場合)

まとめ その2

特典航空券取得に必要なマイルが上昇した代わりに繁忙期でも特典航空券予約可能となったことは改善か改悪かは、それぞれの解釈によると思います。

しかし、特典航空券が変更不可となってしまったのは完全な改悪だと感じました。

 

マイルをeJALポイントに交換して、航空券を購入したり、提携航空会社の特典航空券を取得する方が、場合によってはお得になることもあると思います。